寫眞毎日  (しゃしんまいにち)

xsyasinx.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 11日

石柱の後ろが好きです。

d0029600_23531637.jpg





「石柱の後ろ・・・。」と思ったら、クリックお願いします!!
↑クリックするだけで人気blogランキングに投票完了です。
 投票結果も見られます。








GW中に、映画「プリシラ」を見ました・・・。



(続き)




GW中は、体調悪かったので、家で時間あると映画見てて。
「ヴィクセン」とか
「コミットメンツ」とか「プリシラ」とか、
「チャイナタウン」、「ナイトオンザプラネット」とか
昔から見たかった&昔見たけどもう一度見たい映画を
見たりしてて。
コミットメンツとプリシラ、チャイナタウンは良かったなー。


プリシラは94年の映画なのですが、
何がすごいって、
子どものいるオカマちゃん役を演じているのが、
あのマトリックスのエージェントスミスの人ってこと。
演技とかもすごくいいんですが、
なにが驚きって、アタマの禿げ上がり方が
10年くいらい前と今で同じってこと。
禿げの進み具合ってあれぐらいのレベルで
10年間止めて置くことってできるのかなあ・・・。
だとしたら、すごいですね、役者魂。


あと、あのLAコンフィデンシャルとかメメントの
ガイピアースが若くて勝気なオカマちゃん役。
これも、先にLAコンフィデンシャルとメメントを見てから
プリシラ見ると、けっこう、驚く。
ていうか、三人のオカマちゃんともいい演技というか、
なかなかいい味出してます。


あと、途中で、出てくるアジア人系のショウガール、
これが、かなりうける。
あれって、昔の日本でもあったらしいんですけど、
ほんとかなあ。
いわゆる「花電車」ってやつ。
これ、今もできる日本人パフォーマー、いるのかな。
あのね、これすごいんですよね。
興味ある人はウィキペディアで検索してみてください。
「花電車」で。
女性器を使ったパフォーマンスで、
ピンポン玉とか、10メートルくらい飛んだり、
なんか、すごいことがおこるんです。
金庫とか吹き矢とか、鈴鳴らしとか、
いろんな名前の芸があるそうです・・・笑。
昔はけっこう、場末のストリップ劇場なんかに
できる人がいたようです。

なんで、花電車かというと、
昔、路面電車はお祭りがあったりすると、
客を乗せずに花でデコレーションした車両の
「花電車」を走らせたそうです。
そこから、客は乗せない、つまり、売春はしないけど、
見せるだけ、の芸、という意味で、
「花電車」
だそうです。
昔の人は、なかなかしゃれた名前をつけたもんだ。
今だったら、すぐに横文字の名前つけちゃいそうですが、
「花電車」とはヒネリがきいたネーミングですよね。
[PR]

by x-syasin-x | 2006-05-11 00:00 | 東京の屋外の猫


<< 視線。那覇の駐車場。      那覇の駐車場のちょっとした雑草... >>